虎 Lucky@タイガースまとめブログ

虎 Luckyは阪神タイガースを一緒に応援していこうというまとめブログです。タイガースを中心に野球全般の一押し記事を随時更新していきますのでお楽しみに☆☆

    カテゴリ: 高校野球



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/21(日) 16:31:15.64 ID:CAP_USER9.net

    ◇秋季高校野球関東大会1回戦 佐野日大5―2東農大三(2018年10月21日 山日YBS)

    佐野日大が逆転勝ちで8強入りした。

    1点を追う9回、四球で走者を溜めると連打で逆転。エース松倉亮太投手(2年)も2失点完投と投打で粘った。

    17年から率いる元阪神投手の麦倉洋一監督「苦しかったですね。思い切りが大事と言い続けて、9回に余っていた力が爆発した感じ。次も今日みたいな試合ができれば」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000146-spnannex-base
    10/21(日) 16:03配信


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    http://npb.jp/bis/players/31833881.html
    麦倉 成績


    【【高校野球】元阪神・麦倉監督率いる佐野日大逆転8強 秋季高校野球関東大会】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/14(日) 15:11:02.18 ID:CAP_USER9.net

     「高校野球・秋季大阪大会決勝、履正社5-2大阪桐蔭」(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

     履正社が大阪桐蔭を破り、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

     大阪桐蔭には今夏の大阪大会準決勝で、1点リードの九回2死走者なしから逆転負けを喫していた。当時も出場し、悔しさを味わった主将・野口海音捕手(2年)らにとってはリベンジとなった。

     打線が序盤に集中力を見せた。初回は3番・小深田大地内野手(1年)の先制適時打など4安打を集めて3点を先制。三回には小深田が右翼席へ2ランを放った。

     16年秋季大阪大会準決勝での勝利を最後に、17年センバツ決勝から続いていた対大阪桐蔭の公式戦4連敗を止めた。小深田は「夏に負けているので、先輩の分も勝たないといけないと思っていた。今までで一番の当たりでした」と、会心の一発を振り返った。

     岡田龍生監督は「うちは夏の3年生の悔しさがあり、(夏も)出ていた野口にも悔しさがあったでしょう。桐蔭さんは『次、また』という気持ちで来るでしょうから、そういう意味では切磋琢磨できている」と、ライバル対決を振り返った。

     来春センバツ出場校選考の重要な参考資料となる秋季近畿大会(20日開幕、兵庫)への出場は決定済み。同大会では、準優勝した17年以来のセンバツ出場を目指して勝ち上がりを狙う。


    2018.10.14.
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/10/14/0011730824.shtml


    【【高校野球】履正社が因縁のライバルに勝利www】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 THE FURYφ ★ :2018/10/03(水) 20:03:58.85 ID:CAP_USER9.net

    「最強世代」と呼ばれてきた大阪桐蔭の3年生にとって、最後の公式戦。集大成でもやはり、根尾昂が光った。
    四回、1死一塁から済美(愛媛)・山口直哉の甘いチェンジアップを引きつけて、先制の中越え二塁打を放った。

    春夏連覇の中心選手として投打に輝いた18歳が言う。「チームメートの力が、自分だけでは経験できない財産を
    与えてくれた」。追加点が欲しい七回は、宮崎仁斗、青地斗舞の1・2番コンビが連続適時打を放ち、3得点。
    横川凱、森本昂佑、柿木蓮とつないでリードを守り、今年の公式戦を負け無しで終えた。

    昨秋の新チーム発足後の通算成績は41勝1敗。主将の中川卓也はしみじみと振り返った。「勝ちたいと思うことは
    簡単でも、(チーム全体で)思い続けることが難しい。それができたとき、必ず大きな力になる。きょう勝って、本物の
    最強チームが完成したと思う」

    そんなチームを見守り続けた西谷浩一監督も目を細めた。敗れた公式戦は、昨秋の明治神宮大会準決勝の
    創成館(長崎)戦だけ。「中川、根尾を中心に3年生が、無敗にこだわってやってくれた結果です」

    ただ、注文も忘れなかった。「野球人としても、これからの方がずっと長い。次のステージに向けて、上のレベルを
    目指してほしい」。その思いを、選手は十分に理解している。根尾は言う。「高校野球は終わったけど、まだまだ
    やりきった感じはしません。技術もフィジカルも考え方も全然(足りない)」

    彼らは「最強世代」を証明してなお、高みを目指し続けていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000064-asahi-spo


    【【高校野球】大阪桐蔭・なんと公式戦27連勝&8冠達成!!】の続きを読む

    このページのトップヘ