虎 Lucky@タイガースまとめブログ

虎 Luckyは阪神タイガースを一緒に応援していこうというまとめブログです。タイガースを中心に野球全般の一押し記事を随時更新していきますのでお楽しみに☆☆

    カテゴリ: 金本知憲



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/12(金) 18:11:56.12 ID:CAP_USER9.net

     阪神・金本知憲監督(50)辞任のニュースは広島にも衝撃を与えた。“師弟関係”にあった新井貴浩内野手(41)は「突然のことでビックリしています」と驚いた様子。レギュラーシーズン中も「金本さんが心配」と話していたほどで「本当に苦しかったんだと思います。自分が言うことかどうか分からないけど、野球人生の中でも一番苦しかったんじゃないかな」と胸中をおもんぱかった。兄貴分の今後は未定だが「まずは心身ともにゆっくり休んでほしいです」と気遣った。

     金本監督は2002年オフに広島から阪神へFA移籍。当時、交渉にあたった鈴木球団本部長は「チームづくりはそう簡単にできるものではないということ。5年とか時間がかかるよね。(FA権を行使して)出ていくときはいろんな感情があったけど、今は球場で会ったときにあいさつを交わしていたし、会話するときも互いに笑顔だったし…」と残念そうに語った。

     3年間の指揮官生活を終えた金本監督の今後は未定だが、古巣からはこんな声も…。ある球団幹部は「金本の人間性はいいと思っている。一度、他球団に行ってそこで引退して監督になったからといって関係が終わるわけではない」と力説し、さらに踏み込んだ発言を続けた。

     現状、カープは緒方監督が球団初のリーグ3連覇を達成し、来季の続投も決定的。一方で「新井も戻ってきてくれたからね」と選手、監督の違いはあるものの“弟分”が阪神に移籍後、15年に広島へ復帰したことを引き合いに「今どうこうと言うことではないが、これからのことを考えると何があるか分からない。『一軍の監督をやっていたから二軍のコーチならやりません』となったら話にならないけど、今後は戻ってきてもらうこともあるかも」。

     将来的に何らかの形でオファーする可能性もゼロではないようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000036-tospoweb-base


    【阪神 金本氏 “広島復帰”の可能性!?】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 風吹けば名無し :2018/10/11(木) 11:53:41.85 ID:Q7XardIx0.net

    金本辞任★3
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539225650/
    金本辞任★2
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539224884/


    【【速報】阪神金本監督、やはり…辞任】の続きを読む



    (出典 www.ehonnavi.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/09(火) 18:57:40.58 ID:CAP_USER9.net

     いよいよ崖っ縁ということか――。阪神は8日のヤクルト戦(神宮)に5―6で敗れ、野村監督時代の2001年以来となる17年ぶりの最下位が確定した。金本知憲監督(50)の続投は既定路線で、就任4年目となる来季に捲土重来を期す。しかし、これまでV争いに絡めていないことから周囲の目はシビアになっており、“監督特権”も大幅に縮小される見通しだ。

     今季のスローガンである「執念」を見せるのが遅すぎた。先発・才木が2回6失点でKOされたが、打線は1―6の8回に4点を奪って意地を見せた。しかし、9回は相手守護神・石山の前に3者凡退。17年ぶりの最下位が確定した。就任から4位↓2位ときて頂点を狙った3年目での屈辱。スタンドからは金本監督に対し「辞めろ!」と厳しいヤジが飛んだ。指揮官は「現実を受け止めないと…。ホントに申し訳ない気持ちというかね。ファンには…」と力なく謝罪するしかなかった。

     金本監督は昨オフ、新たに3年契約を結んだ。今年は、その1年目。谷本球団本部長は「方針に変わりはありません」と改めて金本監督の続投を明言した。ただ、球団内には「(来季の金本監督は)『育成』や『育てながら勝つ』などという言葉を使うことはできない」との声もあり、すべて“そのまま”というわけにもいかない。

     チーム関係者が「今まで(チームの編成)は監督の意向が色濃く反映されてきたが、今後は、そうはいかない。これまでとは違い、球団がイニシアチブを取って動いている」と話すように“監督特権”は大幅に縮小される見通しだ。

     その一つが首脳陣のテコ入れ。球団側は西武や中日でプレーした和田一浩氏(46)の招聘に動くとともに、8年ぶりのファーム日本一に輝いた矢野二軍監督を一軍のヘッドコーチに昇格させることが濃厚。わずか1年での“一軍出戻り”となれば異例の人事になるが、球団フロント主導のものだという。

     新人獲得に関しても、しかり。過去3年のドラフト会議では指揮官の進言により高山や大山など野手を1位指名したが、今年は様子が違う。来季の巻き返しを狙う現場サイドは即戦力投手を望んでいるが、球団側は将来的にセンターラインを任せられる逸材の獲得を目指しており、大阪桐蔭の根尾昂内野手や藤原恭大外野手を1位指名する構えだ。

     とはいえ、金本監督にとって権限縮小はマイナス面ばかりではない。「いろいろと任され過ぎていたところがあって監督も大変だったはず。これで現場に集中できるのではないか」(球団関係者)との声もある。風当たりは強くなる一方だが、結果で応えるしかない。

    2018年10月09日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1150237/


    【【悲報】阪神 アニキ金本 監督としての特権剥奪】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2018/10/03(水) 22:26:30.47 0.net

    しないそうです!


    【【緊急】阪神金本監督辞意を表明するか!?高橋監督に続き・・】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/10/01(月) 22:09:56.51 ID:j6ZXzKer0.net BE:784885787-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    プロ野球・阪神タイガースの金本知憲監督(50)が男性ファンと揉み合いになり、
    球団関係者らから制止される動画がツイッター上に投稿され、何があったのかと波紋が広がっている。
    球団は、J-CASTニュースの取材に対し、「暴力行為等を行った事実は一切ございません」とコメントした。
    ホテル入口の外とみられる場所で、金本監督と男性が揉み合っている。周囲には、阪神ファンと見られる人たちがおり、
    「金本さん、応援しています」との声が響く中、男性の後ろにいる女性が「止めて!」と叫ぶ。
    この動画は、2018年9月28日夜にツイッター上に投稿された。ツイート主によると、「辞めろ!」と野次られて、
    金本監督がブチ切れたというが、10月1日夕現在で、ツイートは削除されている。
    動画では、男性の後ろの女性が「止めて!監督」と再び叫び、球団関係者と見られる男性2人が
    金本監督を後ろから抱きかかえるなどして、必死に制止する。
    金本監督は、まだ激高した表情で、男性の方をにらみ、そのまま入口内に連れて行かれた。
    周囲では、「金本さん、落ち着いて!」の声のほかに、別の男性ファンが揉み合ったファンに言ったとみられる
    「何やってんだ、お前!」と怒鳴り声も聞こえていた。
    「詳細は控えさせていただきます」
    阪神は9月28日、名古屋市内で行われた公式戦で中日に逆転負けし、3連敗を喫した。
    借金は、今季ワーストの13となり、12試合を残して負け越しが決まった。
    29日にも最下位に転落する見通しも報じられ、来シーズンに監督交代する噂も流れていた。
    動画はいつ撮られたものかはっきりしないが、一部の熱狂的な阪神ファンが金本監督に何か厳しい言葉を浴びせ、
    金本監督を刺激した可能性もあるかもしれない。
    スポーツ紙各紙によると、金本監督は28日、「今日は、言えばキリがない」と試合後にぼやき、
    負け越しについて、「あ、そう。明日、やるだけです」と不機嫌な様子だった。
    球団は10月1日、「詳細は控えさせていただきますが、暴力行為等を行った事実は一切ございません」とだけ
    取材にコメントした。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15384965/
    2018年10月1日 20時19分 J-CASTニュース

    (出典 Youtube)

    【金本激怒】ファンからの「監督辞めろ」に乱闘寸前


    【【激震】金本監督 ファンに暴行か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ