(出典 livedoor.blogimg.jp)


とうとうこのシーズンになりましね。プロである以上成績が伴わなければ仕方ないですよね。とりあえず西岡選手お疲れさまでした( ;∀;)

1 ひかり ★ :2018/10/02(火) 13:54:58.90 ID:CAP_USER9.net

 阪神・西岡剛内野手(34)が、2日までに戦力外通告を受けたことが分かった。

 西岡は12年オフに阪神に入団し、今年で移籍6年目。今季はここまで23試合に出場し、38打数5安打の打率・132、0本塁打、
1打点の成績に留まっていた。

 西岡はこの日、自身のインスタグラムで「阪神タイガースファン、関係者の皆様へ」と題した長文のメッセージを発表。
「今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に
戦力外通告を受けました」と明かし、「来年もプロ野球選手として甲子園の土を踏める事を一つの目標として頑張ります!」と
現役続行に意欲を示している。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000100-spnannex-base

阪神タイガースファン、関係者の皆様へ

今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。
カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に戦力外通告を受けました。
また新しい経験が僕にはできました。
戦力外通告を受け、引退すると言えばカッコよく綺麗に去ることができたんだと思うのですが、2016年にアキレス腱が切れた瞬間、甲子園のグラウンドで倒れて引退すると心に誓った僕が、今なおユニフォームを着れている人生です!
僕は、自分から引退すると言って引退できる、そういう野球人生を目標に立てていましたが、またもや目標が達成できなかったです。
またふりだしに戻ります!
朝、目覚めて今日一日の目標を立て、月初めには1か月の目標を立て、年始には今シーズンの目標を立て、引退後の目標までも立てています!
今シーズンの5月から9月までは2軍で過ごしました。
怪我やリハビリ、ルーキーの時を除いて、成績が出ず2軍に落ちたのは初めての経験でした。当時は、すぐ1軍に上がってやる!と意気込んでましたが、1か月経ち2か月たっても上がれない!
年齢も34歳の自分がユニフォーム着てる意味がなんなのかを自問自答する日もありましたが、2軍には僕と同じ気持ちで、戦ってる選手がいっぱいいて、初めてまじまじと2軍の景色を見れました。
若い選手はとにかく夢を追いかけて必死に一日を生きている。
30歳近くで2軍にいると、さまざまなことが頭の中をよぎる中で、不安を抱えながらも家族のため、ファンのため、自分のために必死にしがみついて戦う姿も見ることができました。
2軍では34歳の僕が1番年上で毎日試合に出させていただきました。
2軍に落ちたとき、すぐに立てた目標が最低でも7月27日の誕生日までには1軍に上がることでしたが…。その目標も達成できませんでした。
ちょうどその頃、僕の心の中では2軍でこれから有望な若い選手がいるのに、試合にずっと出ていいのかな?と遠慮する気持ちも芽生えました。
いつ、矢野2軍監督に若手を使ってくださいと言いにいこうか迷っていました。
そんな気持ちが1週間くらい続いたとき、遠慮の先にあるものは何かと、よく考えました。
それは「引退」の2文字でした。
ハッとして俺が進みたい方向と逆の方向に行ってしまってると思いまた少しずつ軌道修正して、2軍にいてもテンションが上がることを見つけようと思いました。2軍を優勝させたい!それが僕のモチベーションでした。
あとは人の支えでした。
毎日試合に出させていただいた矢野2軍監督には感謝しかありません。
矢野監督の凄く細かく噛み砕いて、若い選手でもわかるように伝える試合後の全体ミーティングは凄く勉強になりました。
そして筒井コーチ、毎日僕の顔を見て剛!負けんなよ、大丈夫や!やるしかないねん!って口酸っぱく言ってくれました。唯一僕が本心で相談できたコーチです。
筒井コーチに出会えた若い選手はみんな感謝してることだと思います。
そして2016年にアキレス腱を切ってすぐ連絡くれて、入院してると知れば1番にお見舞いに来てくださった掛布さん。
ずっと気にかけてくださりほんとにありがとうございました!
阪神入団して1年目凄く必要とし期待よせて下さった和田前監督ありがとうございました!
そして何度も大きい怪我をしても再三チャンスを下さった金本監督!
期待に応えることができずすいませんでした!
そして何より阪神球団の方がたには毎年毎年怪我をしても今年は頼むと、ずっとずっと期待をして復活させる道を作って契約してもらえたことは感謝してもしきれません!
何かが起こると、いつも誰か支えになる人に出会えていることが僕が今もなおユニフォームを着れている証拠です。
もちろんファンの皆様の力は絶大です。
応援してくださる方の力は無類です!


【【速報】阪神 西岡剛 来年はどこの球団へ!?】の続きを読む