虎 Lucky@タイガースまとめブログ

虎 Luckyは阪神タイガースを一緒に応援していこうというまとめブログです。タイガースを中心に野球全般の一押し記事を随時更新していきますのでお楽しみに☆☆

    カテゴリ: 西武ライオンズ



    1 ひかり ★ :2018/10/20(土) 19:15:56.84 ID:CAP_USER9.net

    ■ソフトバンク 8-2 西武(20日・メットライフ)

     リーグ王者の西武が崖っぷちに追い込まれた。20日、本拠地メットライフドームでの「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。
    先発の今井が初回に2点、2回にも2点を奪われると、終盤に突き放されて2-8で敗れた。2連敗で2勝3敗とソフトバンクに王手をかけられ、辻発彦監督は
    「もう後がないわけですから。今日はどちらかがそうなる(王手をかける)。ウチが負けただけ。明日最後になるかもしれないので、全力で勝ちにいくしかない」と語った。

     今井が初回、2死からグラシアルに四球を与え、柳田には先制2ランを被弾。2回にも甲斐に2ランを浴びて、早々と4点のビハインドを背負った。その後2点差に
    詰め寄ったものの、7回に痛恨の4失点。増田、マーティンが4四球などで4点を奪われて試合を決定づけられた。

     初戦に10失点、勝利した2戦目は5失点、そして3戦目の15失点と4試合で合計38失点。四球から大量点を奪われる投手陣の崩壊が止まらず、辻監督も「いつものことだよね。
    なんで四球なんだろう、と。今日も8点取られて、4試合で38失点? それだけ取られるんだから、そう簡単にはいかない」と嘆くしかなかった。

     初回には捕手の森が負傷交代するアクシデント。デスパイネの空振りしたバットが左腕を直撃し、試合中に検査のため病院に向かった。診断結果はまだ出ていないものの、
    指揮官は「森が痛かった。明日は森はいないでしょう。打順は考えます」と語り、運命の第5戦での“森不在”を覚悟した。鷹に押し切られるか、獅子が逆王手をかけるか。
    リーグ王者としての意地を見せたい。

    フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00232047-fullcount-base


    【【速報】西武、崖っぷち・・・4戦38失点と投壊止まらず辻監督嘆く「なんで四球なんだろう」】の続きを読む



    (出典 www.seibulions.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/10/17(水) 12:47:11.07 ID:vLcPvfAl0.net

     西武の菊池雄星投手が来季のヤンキースの先発ローテーション候補としてニューヨーク・メディアに登場した。
    現在チームを支える田中将大、ルイス・セベリーノらとともに、多くの候補の中の1人として名前が挙がり、
    「4番手」になるとの予想。同じ左腕では、今季11勝を挙げてFAとなるダイヤモンドバックスの
    パトリック・コービン、ドジャースとの契約を破棄してFAとなる権利を持つクレイトン・カーショーらも候補入りしている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00229425-fullcount-base


    【菊池雄星 来季のヤンキース先発候補www】の続きを読む



    (出典 images.moneytalk.tokyo)



    1 風吹けば名無し :2018/10/13(土) 01:05:35.19 ID:f7g1b9zS0.net

    なんかあるか?


    【【西武】秋山翔吾って凄いバッターなのに異名がないよな】の続きを読む



    (出典 www.1242.com)



    1 ひかり ★ :2018/10/01(月) 20:02:14.07 ID:CAP_USER9.net

     10年ぶりのパ・リーグ優勝を決めた埼玉西武ライオンズの榎田大樹投手(32)が、V決定後の会見で口にした「天国と地獄」という一言が、
    古巣・阪神タイガースの一部ファンから妙な注目を集めている。

     榎田投手は2017年オフに阪神から西武へトレード移籍。直後のシーズンで、自身初のリーグ優勝を経験した。そんな選手による言葉だけに、
    ツイッター上に「阪神が地獄みたいに聞こえる」「古巣を地獄呼ばわりか」との声が相次いだのだ。

    ■「本当に、西武に来れて良かった」

     昨シーズンの1軍登板が3試合止まりだった榎田投手は、西武移籍後に先発投手としてブレーク。22試合の登板で10勝4敗、防御率3.44の好成績を残し、
    先発ローテの一角を担った(成績は18年10月1日現在)。

     9月30日、2位ソフトバンクの敗戦で優勝が決まった西武は、敵地札幌ドームでの日ハム戦後に優勝会見を実施。そこで榎田投手は、
    自身初のリーグVについて、

      「とても嬉しいですし、正直、去年の今頃の自分のことを考えたら本当にまあ、天国と地獄じゃないですけど、すごい差なんですけど...。
    本当に、西武に来れて良かったと思います」

    と喜びを語った。また、今シーズン印象に残った試合を聞かれると、「やっぱり、古巣の阪神に交流戦で勝てた試合」。理由については、

      「一番、自分の中では...、気持ち的にあれだったかな。そこで、西武の一員になれたのかなって思いがあります」

    と説明していた。

     また、会見後のビールかけでのやり取りも話題に。同じように阪神から西武に移籍したOBの平尾博嗣氏(42)が「西武最高でしょ!? 」と
    問うと、榎田投手は「はい!最高っす!」と即答。しかしその直後、

      「あっ...、いや、あんまり何も言えない」

    となぜか焦った様子で訂正。こうした様子に平尾氏は、「俺も阪神から来たから。いいんだよ、優勝したんだから」とのフォローを入れていた。

     このように、古巣・阪神に対する発言を繰り返した榎田投手。とくにネット上では、V会見での「天国と地獄」発言が一人歩きするような形で、
    大きな注目を集めることになった。

     阪神ファンとみられるユーザーが、先述のビールかけでのやり取りなども踏まえながら、ツイッターやネット掲示板に、

      「榎田から阪神地獄説が出た...」
      「阪神時代は地獄やったんやね、榎田くん」
      「ちょっと嫌いになってしまう。榎田の言いたいことも勿論分かるんやけどな」

    といった複雑な反応を続々と寄せたのだ。なかには、
    「古巣を地獄呼ばわりか 応援して損した」「榎田お前、阪神嫌いだろ」などと憤りを露わにする書き込みもあった。

     一方で、「地獄」は1軍で活躍できなかった昨年の自分を表しただけで、阪神に対するもの捉えることは誤解だと訴えるユーザーの姿も。
    実際、ネット上には、

      「阪神は地獄、西武は天国って解釈するのは相当歪んでると思う ほぼ一軍で投げてなかった事と一年間ローテ回って優勝した事の
    対比でしょう」
      「ここ最近は二軍暮らし、そんなくすぶる自分を振り返って地獄だったって言ってるんやろ」

    との冷静な指摘も目立っていた。

    「阪神でのいろんな経験があったからこそ...」

     なお、榎田投手は優勝決定後の10月1日未明にツイッターを更新し、そこでも阪神時代に言及。「トレードで1年目から優勝に貢献できて
    嬉しく思う反面、タイガースでこの結果を残せたらと考えてしまいます」として、

      「ただ阪神でのいろんな経験があったからこそ、今の結果に繋がったと思います」

    と古巣への感謝の思いを呟いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000013-jct-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000013-jct-ent&p=2


    【【悲報】優勝西武・榎田の注目の発言の波紋 阪神ファンは複雑!!】の続きを読む


    西武が10年ぶりパ・リーグV 強打で開幕から首位堅持
    西武が10年ぶりパ・リーグV 強打で開幕から首位堅持  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 bite-owner.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/09/30(日) 21:02:08.714 ID:TQtRCm7k0.net

    おめでとう


    【【速報】埼玉西武ライオンズ、パ・リーグ制覇!!おめでと~(^^)/】の続きを読む

    このページのトップヘ